「もろみ酢」と「黒酢」って何が違う?原材料や作り方、成分や効果の違いについて

酢という名前のつく製品や商品って多いですよね。

酢ってつくだけで健康に良いなって思ってしまいませんか。

ドラックストアに行ってサプリメントコーナーに行けば、ダイエット商品に混ざって酢の名前のついた商品が並んでいることが多いです。それくらい今は酢を使ったサプリメントが増えてきています。

サプリメント以外でも昔からお酢が販売されているコーナーでもただのお酢ではなく、いろんな酢が販売されています。

その中で最近では「もろみ酢」と「黒酢」と書かれている商品が見かけられます。でも実際に普通の酢以外の酢がどう違うのか成分も含めて分からない人が多いと思います。

味やイメージは分かっているのですが、実際に酢でも何が違うのか、どんな成分が入っているのか知らない人が多いです。

せっかくの良い成分ならちゃんと知ってから飲むようにしましょう。ここからは「もろみ酢」と「黒酢」の成分の違いや、それぞれがどんな効果を発揮してくれるのか紹介していきたいと思います。

黒酢ともろみ酢は主成分が違う

もろみ酢ってどんなもの

もろみ酢は、沖縄で有名な泡盛から出来ています。

もろみ酢というのは泡盛からできた天然の醸造酢と思ってもらえれば大丈夫です。もろみ酢の製造の仕方は、麹菌を加えて酵母で発酵させて製造されています。

成分のメインとなっているのはクエン酸なので、その成分が酸味を和らげてくれるのでもろみ酢は飲みやすいっていうのが特徴です。

泡盛から出来ているってことで主成分である天然のアミノ酸とクエン酸がたっぷり配合されています。

実はこのもろみ酢がこれだけ名前が知られるようになったのは、沖縄発着している飛行機のキャビンアテンダントの口コミから流行しています。

もろみ酢はどうやって作られているのか

もろみ酢の製造の仕方は、先ほど泡盛から出来ているって紹介させてもらいました。

「もろみ」は麹にして水を加えて発酵させます。

発酵させてつくるため、人工的ではなく自然の力で出来ているので、安心して飲むことが出来ます。沖縄では昔からもろみ酢というのは知られていました。

発酵するのに時間をかけて出来ているため、天然のクエン酸やアミノ酸が含まれています。

もろみ酢の場合は、多くの蔵がコンピュータ管理されているところも多いので、安定したもろみ酢が製造されています。

もろみ酢の主成分はクエン酸

もろみ酢の主成分はクエン酸になっていてクエン酸はダイエットだけでなく、美容にも不可欠な成分になっています。

もちろん黒酢にも入っていますが、量は全然違います。もろみ酢に入っているクエン酸の量は黒酢の数倍は入っています。ちなみに米酢の場合なら数十倍以上と言われています。

クエン酸だけでなく、アミノ酸の量も豊富に入っています。アミノ酸は必須アミノ酸9種類があるのですが、それが豊富に入っています。

それ以外のアミノ酸は10種類以上入っているので豊富に入っています。正直、黒酢に入っているものより数倍は入っているのでアミノ酸の種類はもろみ酢が多いです。

もろみ酢の主成分はクエン酸となっていて、アミノ酸も豊富に入っているということです。通常の酢や黒酢の場合は、クエン酸の量がそこまで多くないので、効果はもろみ酢のが期待できる可能性もあります。

クエン酸やアミノ酸だけでなく、ビタミン類も豊富に含まれているし、カリウムやカルシウムなど体に必要な栄養素も入っています。

ダイエットに効果のある成分だけでなく、健康に良い成分も入っているのでいろんな効果を期待することが出来ます。

もろみ酢と黒酢の主成分の違い

もろみ酢はクエン酸が主成分と伝えさせてもらいました。黒酢の場合は、酢酸が主成分となっています。

もちろん黒酢にもクエン酸は入っているのですが、もろみ酢のほうが量が多いため、主成分としては酢酸発酵となっています。

主成分といっても、主には製造方法の違いになっています。クエン酸が発酵されているのか、酢酸が発酵されているのかの違いです。

クエン酸って聞いたことはあるけれど、しっかりと成分を理解されている人は少ないかなって思います。

多くの人が聞いたことはあるけれど、体に良さそうな成分とか。スポーツをしている人が飲んでいるからパワーが出るものとか。

酸っぱいレモンみたいな成分って言うイメージをもっている人が多いです。

酢酸というのもクエン酸と同じように酸っぱいというイメージが強いです。クエン酸も酢酸もすっぱい成分なので、それがどう違うのか紹介していきます。

クエン酸と酢酸の違い

クエン酸はクエン酸という成分です。酢酸の場合はクエン酸やリンゴ酸など、多くの酸の成分が混ざった成分のことです。

これで分かっていただけたと思うのですが、もろみ酢の場合はクエン酸が主成分、黒酢の場合は酢酸が主成分。

ということは酢酸はクエン酸がメインで入っている主成分ではないのが分かると思います。

ここでちょっとプチ知識ですが、お酢の香りってどんな香りがじっくり確かめたことはありますか。ほとんどの人がツンっていうニオイがするので、そのニオイのイメージがついているだけだと思います。

黒酢に含まれている酢酸という成分は口の中に入れたりすると蒸発して、その状態が起こることでノドや鼻などが刺激されてツンというニオイがします。

もろみ酢に含まれているクエン酸の場合は、そのツンとしたニオイや味はあまりありません。蒸発することがない酸になっていることがその理由です。

クエン酸の場合は、そのまま口に含んだとしても大丈夫ということです。

ではもろみ酢と黒酢どちらが良いのか

ここまでもろみ酢の主成分をメインに伝えてきました。そう考えた時に「もろみ酢」のが良さそうと思った方もいると思います。

もろみ酢の主成分がクエン酸ということであって、黒酢が悪いということではありません。

紹介した内容だけで見るともろみ酢のほうがクエン酸が入っているから健康に良さそう、ダイエットに良さそうとイメージがついてしまっていると思います。

正直なところは、もろみ酢と黒酢ではどちらが良いとは伝えることが出来ません。もろみ酢のほうが泡盛から出来ているってことで良さそうと思われます。

もろみ酢も黒酢もどちらも必須アミノ酸も入っているし、それ以外のアミノ酸も豊富に入っています。それだけでなくビタミンも豊富に入っています。

アミノ酸の量なら黒酢のほうが占有量が高いと思います。ミネラルもそうです。こうなってくるとどちらが良いかっていえないですよね。

正直なことろはどちらでも効果は出ますって言いたいです。両方試すのがいいかなと思います。

まずはもろみ酢を試してみて、効果が出ればそのまま続けていけばいいし、効果が出なかったり、効果が出にくくなった時には黒酢に変えてみたりと変化をつけてみてください。どちらも成分は確かなので効果を実感しやすいと思います。

プチ知識 アミノ酸とは

もろみ酢と黒酢を比べた時に黒酢のほうがアミノ酸の占有量が多いことが分かっています。クエン酸のことは伝えたのですが、アミノ酸っていうのも分かっていない人が多いです。

アミノ酸って聞かれた時にどんな成分なのかって応えられる人は少ないと思います。アミノ酸を一言でいえば、タンパク質を作っている成分ということです。タンパク質は体の3大成分ですよね。

タンパク質は体には必要不可欠な成分です。タンパク質があることで髪も生えますし、体の組織も育っていきます。逆にたんぱく質がないと体も機能しません。それくらいタンパク質は大事なものです。

黒酢に入っているアミノ酸はこのタンパク質が作るのをサポートしてくれる役目があります。大げさな言い方かもしれませんが、アミノ酸は体作りの源ってわけです。

アミノ酸の種類は全部で500種類くらいあります。いろんなアミノ酸が存在しています。その中で体作りをしているアミノ酸は20種類くらいです。

この体作りをしている20種類のアミノ酸で髪を作ったり、皮膚を作ったり、体を作ったりと大きな役割があります。

20種類の中でも体の中で作ることが出来るアミノ酸と、体の外から摂取しなければいけないアミノ酸があります。

体の中で作ることが出来るアミノ酸が10種類くらいです。その反対に体の外から摂取しなければいけないアミノ酸が10種類くらいです。この体の外から摂取しなければいけないアミノ酸のことは必須アミノ酸といいます。

この必須アミノ酸という言葉はよく耳にしますよね。その必須アミノ酸が黒酢には豊富に含まれています。

必須アミノ酸イソロイシン、ロイシン、リジン、メチオニン、フェニルアラニン、スレオニン、トリプトファン、バリン、ヒスチジン

 

非必須アミノ酸アルギニン、アスパラギン酸、シスチン、チロシン、アラニン、グルコサミン、グルタミン酸、グリシン、プロリン、セリン

アミノ酸の効果は、肌細胞の活性化に繋がるので美容効果が高いです。美肌のもとになっているのは肌細胞の活性化です。

新しい肌を作っていくことが美容に繋がっていきます。肌の潤いを保っていくためにアミノ酸が必要ですし、新陳代謝の乱れをなくしてくためにも必要です。

アミノ酸は肌をプルプルにしてくれる効果もあるので、摂取することで美肌効果に繋がっていきます。

もろみ酢と黒酢の効果の違い

もろみ酢と黒酢の主成分の違いについて紹介させてもらいました。どちらも似た成分が入っているので、正直効果というのはどちらも似ています。

同じ成分が入っているので効果が似ているというのも分かりますよね。ただ、それぞれに含まれている成分の占有量が違うので、それぞれ効果が出やすいジャンルというのは違ってきます。

成分の占有量が多い分、その成分の効果が出やすいってことです。そのあたりをもろみ酢と黒酢で紹介していきたいと思います。

もろみ酢はダイエット効果◎

もろみ酢の主成分はクエン酸ですよね。クエン酸に期待できる効果はダイエット効果です。

クエン酸のダイエットに期待できる効果はやはり脂肪燃焼効果です。クエン酸は体内に取り入れることで、摂取しない状態の時よりカロリーを消費しやすい体になります。

運動をしているのであれば、カロリーをより消費しやすくなります。もちろん運動をしていない人も、普段の歩きや行動でカロリー消費しやすい体になっています。

脂肪燃焼効果だけでなく、脂肪をつきにくくする効果もあるので、ダイエットには効果があります。

もちろん黒酢にも効果があるのですが、主成分になっているクエン酸が多く入っているもろみ酢のほうが効果が出やすいって訳です。

もろみ酢も黒酢も飲む時には目的をもって飲む人が多いと思います。その中でダイエットというのは1つのキーワードかなと思います。多くの女性が気にしていることかなって思います。

黒酢は美容効果◎

先ほどのアミノ酸の部分でも効果というのは伝えさせてもらいましたが、黒酢の場合は必須アミノ酸を含めたアミノ酸の占有量が多いです。

アミノ酸が多いことで肌細胞の活性化に繋がっていくので肌が生まれ変わり美容効果があります。

ダイエットと同じくらい女性にとってもキーワードになっているのが美容だと思います。

こちらも黒酢だけでなく、もろみ酢にもアミノ酸は入っています。

ここまで伝えて分かってもらえたかと思うのですが、どちらにもクエン酸とアミノ酸が入っているのため、ダイエット効果、美容効果が期待できます。

あとはもろみ酢か黒酢、どちらが飲んだ時に飲みやすいとか、どちらのほうが効果が出たのかを比較しながら飲んでいくといいと思います。

まずは黒酢を飲んでみて効果を実感してみるのも良し、もろみ酢が飲みやすいからそちらから飲んでみるのも良しです。

自分にとってどちらが良さそうかを見つけて選ぶようにしていきましょう。

投稿日:

黒酢サプリ 口コミランキング

関連する記事

Copyright© 黒酢サプリ口コミ比較ランキング!ダイエットにおすすめ , 2017 All Rights Reserved.